2017年1月2日月曜日

正月休みは1日は寝正月にするのが様式美

・おせち2017

ということでここ数年恒例の今年のお節。今回も刺身あり肉ありのなかなかに豪勢な食卓になりましたよ。そしてお酒も大いに呑み、起きたのは昼過ぎというザ・寝正月な1日ですw



大まかなものはスマイルっていうスーパーで買ってきてたり、あと黒豆と栗きんとんは石黒さんとこで買ってきたやつだったりして自分で作ったものはあまり多くはないのが実情なのですが、今年はきんぴら人参も作りましたし、毎年恒例の大根餅も作ってたり...。肉は例年だと手羽先だったのですが、今年はポークスペアリブにしてみたり...。

・屠蘇散を入れたお酒を飲む

日本酒は3種類あって、1つは最近買った松本酒造の守破離というやつで、もう1つは月桂冠の慶賀っていう金箔入りのやつ。そしてもう1つは縁起物の屠蘇散が入ったやつ。ティーバッグ的な原理で大晦日に漬けておく...というのが作り方で、それが翌日にはこういう感じになってるんですねぁ



これを飲んで無病息災を祈るというのが伝統なんですね。まぁ一種の薬用酒ですし、味的には養命酒とかそういうのを思い浮かべてもらうといいんじゃないかと思います。ちなみにお酒が飲めない人はみりんに漬けていたのを飲む...ということでもいいそうです。これって起源を調べてみると面白くて、何とこれを作ったのは「三国志」でもお馴染みの華陀という人物なのだとか・・・。



薬の調合や手術に長けていたという名医であり、評判を聞いた曹操は彼をお抱えの医者にしたほどでした。しかし当時、医者というのはあまり高い地位の人物としては位置付けられておらず、そうした意味であまり厚遇されているとは言えない状態でした。そもそもは医学のみならず儒学にも通じた高級官僚レベルの教養を身につけていた華佗はこれを不快に思い、故郷に帰り引き篭ってしまいます。怒った曹操は彼を捕らえると拷問にかけ殺してしまうのですが、その後大いにこのことを悔やむことになるのでした。



自分の頭痛を治してくれる唯一の人物でしたし、寵愛していた息子の曹沖がこの一件の後に急死するのですが、それをもしかしたら治すことができたかもしれない名医を殺してしまったのですから...。また余談ですがその年は208年なのですが、かの赤壁の戦いも同年のことでした。曹操にとっては踏んだり蹴ったりの1年だったでしょう。(そう言えばその前の年には郭嘉も死んでますしね・・・)



お正月にすること・食べることには調べてみると長い歴史があったり物語があったりするものです。そういうものに思いを馳せてみるのも面白いかもしれませんね。あ、補足で言っておくと中華圏お待ち兼ねの旧正月、今年は1月28日が元旦のようです。旧正月といえば中国では各地で爆竹がバンバン言ってる風景が有名ですが、どうやらあれは元々魔除けの意味があったそうな。(昨今では大気汚染や騒音の問題で自粛ムードだったりもするそうですがw)

・神戸南京町の春節祭(撮影は2015年)

まぁホントは本場に行って楽しむのが一番なんでしょうが、近場でも旧正月を楽しむことはできますよ。これは神戸は元町の南京町の春節祭の様子なんですが、獅子舞などの出し物もあってなかなか盛り上がるんですよ。日本も明治維新以前は旧正月こそが正月であり、お正月が今の日にちになってからのほうが実は短かったりするのも事実。まぁだから何ってこともないですが、折角ですし2回楽しむのもいいじゃないですか。「祭り」は大いに越したことはありませんよ。ということで今日もまた藤森神社くらいには行ってみようかなと思ってます。では皆さん、しばしご歓談を^^

2017年1月1日日曜日

初詣には大きめの袋を持って行くほうがいい

・今年もお雑煮を作ったよ。

皆さん明けましておめでとうございます。今年も拙ブログおよび作者である僕、そして志士会をよろしくお願いします。僕の正月休みは今日と明日まで。3日からはフツーに仕事が再開するのです。まぁそんなワケで休み自体も貴重なのです。

・八幡さんは今年も人大杉w

今日は早速また初詣に行ってきましたよ。メインは今年も石清水八幡宮なのですが、折角京阪電車の年末年始フリーチケットなるものを買っていたので色々行ってみることに...。ということでまずは六波羅蜜寺に向かいます。

・六波羅蜜寺では稲穂を貰いました

六波羅蜜寺はまぁちょっとしたお得意さん状態なんですよ。そんなワケでイベントがある毎に招待状のようなものが我が家には届くのです。今回は写真の弁財天吉祥稲穂がお守り付きで貰えました。ちなみに金の俵は別料金でオプションとして付けて貰ったやつです。(他にも宝船とか絵馬とか熊手とか色々あって自由にカスタマイズできるようになってるんですよ^^)

・無病息災を願って皇福茶を頂きます

それから皇福茶も頂けましたよ。お茶に結び昆布と梅を入れたお正月の縁起物ですね。実はこれって六波羅蜜寺を開基した人物でもある空也上人が作ったものと一節には言われていて、そうした意味でもここにゆかりのあるものなんですよ。その後、銭洗弁天や水掛け不動さんのお参りなどをして、次なる目的地へ。

・狛猪が珍しい摩利支天堂

とはいえ折角ここまで来たということで四条駅まで向かうついでに周辺をちょっと散策することに。過去の記事にも登場している摩利支天堂では本堂に上がってロウソクをお供えしてきたほか、そこから程近くにあるゑびす神社にも足を運びましたよ。

・日本三大ゑびすの1つにも数えられる京都ゑびす神社

京都ゑびす神社はその名のとおりえべっさんでその名を知られる場所。まぁ一番有名なのは西宮か或いは今宮だと思うのですが、そこと肩を並べるような場所が実はここなんですね。今月の8日~15日にかけては十日ゑびすなるお祭りがあって、それはお正月以上に盛り上がるのだとか。




えべっさんにはまだ行ったことがないのですが、もし休みが合えば行ってみたいとは思います。祭り好きなんでね。今年もいろんなお祭りに行ければと思ってますw

・大混雑(きりたんぽを買ったよ^^)

その後、祇園四条から急行で八幡市まで。だいたい20~30分で到着します。電車では相変わらずウォークマンで音楽を聴いていたのですが、何分ケータイが無いので#nowplayingもできない始末。ちょっとした調べ物も出来ませんし、そうした意味ではやはり不便ですね...

・いよいよ乗車

15分ほどの待ち時間を経てケーブルカーに乗車。揺られることおよそ5分少々で頂上まで。まぁ歩いても登れるんですけどね、折角フリーチケットあるしってことで初詣のときはいつも乗ることになるのですw

・樽酒を頂きます。

頂上の駅から本殿までは徒歩5分程度。途中にちょっとしたカフェテリア的なものがあって、そこでうどんやおにぎりなどの軽食の販売もしています。近くには出店も幾つかあったりして、そこに行くとお神酒が貰えます。

・もうずっと人大杉...

お神酒を貰ったあと、ようやく参拝へ。でもここからが長いんですよね。距離的には大したことないんですけど、とにかく人で溢れてるのです。待ち時間がちと長めなので、やはりこういうときに携帯があればな...と考えてしまうものです。30分くらいしてようやく本殿にたどり着いて参拝。そしておみくじを引くのです。

今回の結果は「中吉 上昇運」。去年まで4年連続で大吉を引き当ててはいたのですが、続く5年目である去年は未分(いまだわかれず)という見たこともないものに。2011年には「平」というのも引き当ててたりするのですが、中吉とか小吉みたいなのってここ数年見てなかったんですよね。まぁご覧のように内容的にも結構いいこと書いてますからね。神護があるのならばそれは即ち好機ですよ。奢り高ぶることなく信念を貫き通し、理想の実現へ邁進していきたいものです。

・なかなかいい眺めです

男山には展望台もあります。なかなか見晴らしが良いのでこちらもオススメです。写真は大山崎方面の景色なんですが、こうして見ると改めて距離感がよく分かりますね。意外と近いんだなと...。




ちなみにですが、展望台の傍らには谷崎潤一郎の文学碑があります。何でも「芦刈」という小説に男山が登場するようなのです。まぁ谷崎潤一郎と言えば変態に定評のある作家さんでして、個人的にはそっち意味で大先輩だと勝手に敬ってます、ハイw

・名物の走井餅

下山後、ちょっと表参道方面に寄り道していくことに。さっきも言ったようにここは徒歩でも登れるんですが、その入口がこちら側なんですね。表玄関ということで出店もありますし、お店も営業していたりと結構賑わっています。そんな中に老舗の和菓子屋があります。

・走井餅は店内でも食べられます(350円也)

名を走井餅というここ、創業は1764年。つまり江戸時代創業の老舗中の老舗なんですね、ここは。尤も創業の地は大津だったようで、もともとこちらは分家のようなものだったのですが、その後本家が廃業したことでこちらが直系唯一の走井餅となったのだそうな。歴々の天皇陛下に献上された逸品であり、また同郷の俳人である高浜虚子も歌に詠むほど好きだったという走井餅。成程これは美味しいです。お土産用だと10個入りで1200円とのコトで、どうやら通販もやっているようなので、気になる方は是非ともご賞味下さい。

・八幡市駅(駅舎は八幡さんベースなのかな?)

その後、八幡市駅まで引き返してそこから次なる目的地である淀へと向かうのです。八幡市から淀までは1駅で、多分頑張れば歩けるんじゃないかと思いはしますが、やったことはないので何とも言えません。(中書島から淀までだったら1度やってるんですけどねw)

・與杼神社にて(帰りしなに撮影)

淀に何をしに行ったのかというと、別に意味はないのです。ただ初日の入りを廃城で眺めるという退廃的な行為のためであり、それ以上でもそれ以下でもないのです。まぁそれにお城の横には與杼神社もありますからね。折角なんでそこにも参拝していこうと、そういうやつです。

・與杼神社には月桂冠と都鶴の2種類のお神酒があった

写真のように與杼神社には2種類もお神酒が置いてありました。この時期は家に帰っても日本酒三昧なのですが、神社に来たら来たでお神酒を頂くワケで、トータルよく呑むのですよ...

・淀城跡にて(八幡市方面)

で、これが見たかった景色。與杼神社のお祭りの時もここでこうしてポツネンと景色を眺めつつお酒を飲んでいたものです。まぁ今回も同じようなことをやってるんですけどw

・ここで一休み...

ということで一服タイム。お正月ということで商店街はお休みなので、唯一営業していたミニストップでお酒&おつまみを調達。まぁ家に帰ったらどうせまた飲むので、飲んだのは缶チューハイ1本だけですが、ともあれ今年初の外呑みは淀城跡でしたよと、そんな感じです。

・今年初のマジックアワー

まぁそれにしても今年のお正月も天候には恵まれてますね。しかも去年同様そんなに寒くないのが嬉しいところ。2017年初のマジックアワーを楽しみつつ淀を後にして、次に向かうは樟葉。くずはモールで買い物をして家に帰るのです。

・樟葉駅のホームにて

樟葉はショッピングモールの反対側に行くと府道13号線があって、その向こうには広大なゴルフ場があるくらいで他には何も見当たらないという不思議な場所でもあります。そして淀川を渡るとそこは高槻。地理的にはそういう位置関係なのです。



本来はくずはモールの中にあるダイエーでおせち(もとい夕食)の食材を買って帰る手筈だったのですが、まぁ折角なので他のお店も見てみよう...なーんて思ってるうちに何故かWEGOの試着ルームに居て、結局服を買って帰ることに。僕は頻繁に服を買う方ではないので、これ自体かなり珍しいことなんですけどね。(まぁでもそのくらい気に入ったのがあったのですよ^^)

・ヒカリノモール1階のSANZEN-HIROBAにて

あ、「ついで」と言えばもう1つ。くずはモールには京阪電鉄のプチ博物館みたいなのが併設されてるんですけど今回はそこも覗いてきました。車両展示のほかにジオラマや運転シュミレーションのコーナーなんかもあって、なかなかに充実してましたよ。

・展示やシュミレーションなど充実のスペース

あと京阪電鉄の歴史なんかについても書いてあるので大人も楽しめる場所になってるなと...。今年もきっと京阪電鉄には何十回も乗ることになるのだとは思いますが、まだまだ降りたことのない駅も沢山ありますからね。今年はそういう場所にも足を運べる年になればいいなと何となく思ってたりします。それでは僕はそろそろ夕食を作りますので今日はこれにて失礼しますね。(あ、明日はおそらく寝正月ですw)それでは皆さんまた明日。ジベリ!

2016年12月31日土曜日

Light the way 足元すくわれぬように 照らす方角を定めて進むんだ 踵を鳴らしながら


タイトルは小田和奏さんのソロアルバム「日々を射す」収録の「光の方角」という歌の歌詞からの抜粋です。今一番しっくり来る言葉がこれなんですよね^^

・年越しそば(今年も彼女と一緒に...)

ともあれ2016年がまもなく終わります。なんか年々ホントに時間が経つのが早くなっているように感じるのですが、それはそのまま自分という存在がオッサンという存在に近付いていることの証左であり、有り体に言えば老いていっていることの裏返しでもあるのですが、時間は止まらぬものですからそれも致し方ないのでしょう。




ただまぁやるべきことは確実にこなしてきましたからね。窮地に陥っているのは僕ではなくきっとあちら側の皆さんなんじゃないでしょうか?思えば今年は多くの‘陰謀’に苛まれた年でした。ブログへの止めどない妨害も大学の教授の1人は学位取り消しまでチラつかせる始末ですし、自転車は盗まれますし、挙句の果てには先日の携帯電話バッテリー抜き取り事件ですよ。

・異常な数の迷惑メール(撮影は8月2日)

しかしそれは裏を返せば焦っていることの証明でもあります。しかもそれらの妨害工作は全くと言っていいほど効果なし。ブログ運営への妨害は全くと言っていいほど功を奏することはなく、どころか今年挙げた記事の数は史上最高を更新しましたし、アクセス数も高まる一方。また個人的な問題で言うと資金不足も改善されつつありますからね。




来年の目標はこのまま「独立」を完成させることでしょうか。ジャーナリストとして一本立ちするという意味でもそうですし、この国を独立に導くということでもあります。2017年は僕にとっては上洛して10年目の節目の年。漫画に例えるならここまでの10年は立志編。そしてここから先は革命編といったところでしょうか。第1章のフィナーレにして第2章の幕開け。2017年を僕はそういう年にする覚悟であります。そんなところではありますが、今年はこれにて失礼したいと思います。ジベリ!

忘年会とは気安く言うけどそもそも今年何があったかを既に覚えてねェェェ!!!

・海老味噌鍋ってやつ。

にわかに信じ難いのですが、2016年という年があと8時間少々で終わろうとしています。昨日は仕事納めのあと買い出しに行って彼女と2人で忘年会もとい鍋パを開催しました。鍋あり酒あり、そして刺身ありという何とも豪勢な宴ですが、それでも外で食べるよりは全然安いですからねw

・ジャジャーン!

ちなみにお刺身はこんな感じで入ってました。それをいい感じのお皿にいい感じに盛り付けたのが上の写真ということですね、ハイ。定価では2000円だか1500円だかでおそらく我が家の台所事情では買えるはずもないものなんですが、これがなんと500円少々で買えてしまったのですからお得というほかはありません。

・デザートタイム。

ちなみに食後のデザートはレアチーズケーキ。ウイスキーはこないだの阪急スタンプラリー編のときに自分用のクリスマスプレゼントとして買ってきてたやつで、まぁちょっと奮発して買ったものなんですよ^^



ちなみに自分用のプレゼントその2はでんぱ組の最上もがちゃんの写真集だったりw でもこれフツーにアートとして魅力的ですし、なかなかの充実度なんですよ。ヴィレヴァンで買うと生写真が付いてきちゃったりもするので気になる方は是非とも...。

・なんということでしょう

それからこれは本日のお昼ご飯。元々はシメ用に買っていたラーメンを昨日は消費せずに終わったので、それを有効活用した形です。鍋のスープの残りと冷蔵庫にあった余りもので作ったラーメン&炒飯。



ま、炒飯は我が家の定番メニューの1つなんですけどね。もっと言えば弁当としてだいたい週1で入ることになるのが炒飯なのです。材料は卵とネギと焼豚で、味付けは塩コショウと醤油とオイスターソース、そして紹興酒(無いときは料理酒)っていうシンプルなやつです。今回は隠し味に鍋スープが少し入ってたりするのですが、ともあれ今年の料理はこれで作り納め。あとはこれからおせちの材料を買いに行って、もし余力があれば仕込みをする程度でしょうか...。ま、とにかく買い出しですね。ということで僕は伏見桃山に行ってきます、それでは皆さんよい一日を!

2016年12月29日木曜日

【週刊コラム】一滴の朝露、映るセカイ【第9回】

・澱川橋梁(観月橋より。撮影は今朝)

今日は結局、うちに帰ったあと風呂に入り、そしてその後はひたすら寝ていましたw 気付けば夜というテイタラクなのですが、まぁ買い物も終わってますし、とりあえず今日のところは残り物のカレーと岡田商店で買ってきた揚げ物でも食べて明日の仕事納めに備えたいと思います。ともあれ今年最後の週刊コラムですよ。いろいろ迷ったのですが、テーマはこれにしました。
-------------------------------

・青春と音楽
僕は高校時代、洋楽ばかりを聴いていた。それもタイムリーなやつではなくて60~80年代のイギリスやアメリカのロックばかりを聴いていたように思う。それは大学に入ってからしばらくも変わることはなく、特に大学入学直後は我が家でピンクフロイドが流れていない日は無いといっても過言ではないほどだった。その絡みでキング・クリムゾンやELPも聴いた。思えば実に混沌とした青春だ。



しかしながら今年2016年という年はその混沌とした時代を彩ったアーティストが次々に世を去った年でもあった。1月にはデヴィッド・ボウイが火星へと帰り、それから程なくして次はグレン・フライが逝った。続く2月にはモーリス・ホワイトも去った。その翌月にはキース・エマーソンが天国へとライブに出掛け、今月初頭にはグレッグ・レイクがそれに続いた。そして挙句先日はジョージ・マイケルときた。気付けば僕も20代が終わろうとしている。青春が遠い過去のように思えてくる。



とはいえ俗に言う青春時代に僕は大していい思い出がない。寧ろそのあとや現在の方が楽しいような気すらしなくもない。いつまでが青春か、そもそも青春とは何か。そもそも人生に季節があるとすればそれは必ずしも春から始まるのだろうか...。様々な疑問が頭を過る。



音楽のジャンルで青春パンクというものがあるそうだ。僕が好きなアーティストで言うとガガガSPやフラカン、イナズマ戦隊などがここに該当するのだろう。ガガガの前田さんは「90歳になっても青春パンクをやる」と言っている。僕が好きな青春狂時代という歌の中で前田さんは「いつまで経っても僕は青春のど真ん中で」と歌い、「青春を持たないと体までだるくなるよ」と言っている。とどのつまり青春とは1つの心意気であり、気の持ちようによってはいつまでも青春を続けられるのだ。



「深夜高速」はフラカンの名曲とも言うべき1曲だろう。僕は最近になるまでこの曲にあまり共感できなかった。サビの「生きていてよかった」に一種のしつこさを感じていたのだ。しかし去年くらいになって久々にこの曲を聴いたときにこう思ったのだ。「まさに今の自分だ」と。青春ごっこを続けながら気付けば20代後半。手間すら照らせているのか定かではないヘッドライトの照らす先を「未来」だと信じて歩み続ける自分。「生きていてよかった」と心から言えるその日が来ると信じてただひたすらに邁進する自分。そう、僕もまた深夜高速を走る見苦しい大人の1人なのだ。もしかすると僕は同族嫌悪に陥っていただけのかもしれない。今はもう全てが吹っ切れた。青春ごっこを果てしなく続けていこう。見苦しくったって構わない。
--------------------

SMAPはどうやらホントに解散してしまうようですね。色々思うところはありますが、思えば僕が洋楽に出会ったのはキムタクの主演ドラマがきっかけのことでした。Queenと出会い、そこが洋楽或いはロックの入口となり今に至る。そういうバックボーンなんですよね。



高校時代、居場所がなかった僕が出会った1つの希望が音楽だったような気がします。そしてその音楽がきっかけで後に出会いがあったりもするのですが、ホントにそうした意味でも音楽(あるいは芸術)は偉大だなと改めて感じたりもします。来年はどんな音楽と出会えるのか、そしてどんな人と出会えるのか...それが今から楽しみでもあります。そんなところでありますが、本日はこれにて失礼します。ロックンロール...じゃなかったジベリ!