2017年10月17日火曜日

【週刊ニュース】安倍政権完全崩壊シナリオ【選挙特番②】




選挙まであと5日となりました。テレビなど主要メディアはバカの1つ覚えのように「300議席以上獲得」を喧伝しているようですが、果たしてそう上手くいくのでしょうか?というのも安倍政権へのマイナスベクトルがこれでもかと言わんばかりに集中しているのです。一体それはどういうことか。今日はそれを説明していきたいと思います。とりあえず現時点での僕の結果予想はこうです。

①自民の議席はマイナス70~100。安倍晋三は失脚。
②立憲、共産が躍進。また無所属も大量当選。
③希望の党は振るわず。選挙後に瓦解し、小池バブルは完全終了

色々と気になるところも多いと思いますが、これらには全て論拠があります。次にそれらを列挙したいと思います。

A、裏社会の微妙な計算ミス
B、功を焦った安倍・小池のWチョンボ
C、大メディアも報じ始めた立憲民主党の健闘っぷり
D、安倍政権への明白な「逆風」の数々
E、これは間違いなく保守分裂選挙である。

それでは解説に移りたいと思います。そもそも今回の選挙、自民は当初、単独での勝利を想定していませんでした。解散が決まると早速自民からも希望の党に移る面々が出てきたことも象徴的です。おそらく自民が減らした分を希望の党に補わせ、選挙後に大政翼賛会のようなものを生み出す算段だったのではないでしょうか。ところが選挙戦も早々に小池さんの「排除発言」で希望の党は失速。ここに大きな計略ミスが生じたと思われます。




そもそも論として振り返りますが、今回の選挙で基本的に自民党に「追い風」はありません。プラス要素一切なしからのスタートなのです。解散したのだっていわゆるもり・かけ疑惑から逃れるためなのは明々白々ですし、「丁寧な説明」も聞けないまま。




どころかもり・かけについて聞かれると逆ギレし始めたとも...。このことは日刊ゲンダイの記事にも書かれています。小池さんまでもが森友・加計疑惑について言及したことで何かのリミッターが壊れてしまったのでしょうかw?遊説すればヤジが飛び、「会いに行ける国難」とまでおちょくられる始末。どこでお薬が切れてファビョり出すか分かったもんじゃありませんし、「こんな人たち」級のオウンゴールにも期待がかかります。




マイナスベクトルはこんなところにも。たとえば安倍が数年間職務の妨害勤めていた神戸製鋼の不正発覚。このタイミングでこういうのが明るみに出ること自体がホントに今の安倍政権を象徴しているかのように思えるのです。(あ、ちなみに安倍さんが神戸製鋼からどのようにしてフェードアウトしていったかはこちらに書かれています。参考までに...)




で、次なるマイナス要因は外国人投資家の「負け」予報。ちょっとこちらをご覧ください。

海外投資家が衆院選での自民党敗北を予想し、株安を見越して『日本脱出』を開始か
https://news.nifty.com/article/economy/business/12136-418844/

この記事は「総選挙後は株安まっしぐら 海外投資家の“日本脱出”が始まった」と言及しています。これアベノミクスの完全終了を意味するんですよ。しかもこれに神戸製鋼ショックが重なったことでまだ選挙も終わる前から株価の下落は始まっているワケですからね...。官製相場で株価を支え、それだけを理由に「好景気」を喧伝してきた安倍政権。年貢の納め時が遂に来てしまった、そういうことでしょう。




まぁ希望の党は完全失速はしているものの、少なくとも保守票を割ることには貢献するでしょうし、希望の党から当選した人も果たして選挙後にどれだけが立憲民主党に流れたり自由党に流れたりするのかは分かったもんじゃありませんしね。あと地味に与党にとって痛いと思われるのが公明党の票が分散しかねないこと。都政では公明党は小池さんと組んでいましたし、両者は国政レベルでもラブコールを送ってたりしますからね。



そうでなくとも創価学会員の中には平和と福祉の精神を捨てつつある公明党への絶望感が広がりつつありますからね。しぶしぶ公明党の名前を書いた人も小選挙区では野党議員に投票するかもしれませんし、それどころか比例区で立憲民主党や共産党に投票する人まで出てくるかもしれません。



ま、でも楽観視ばかりをしないのが僕でもあります。そもそも不正選挙が決行される可能性もまたあるワケですし、この数日の間に人工地震などの官製テロが起きる可能性だってゼロではありません。あとは無党派層をどれだけ野党(よしりんさんの言葉を借りれば1に立憲民主党、2に共産党)に引き込めるか。そこですね、勝負は。ということなんで僕もあと数日の間、またフル稼働して参りますよ。そんなところでありますが、本日はこれにて失礼したいと思います。それでは皆さんよい夜を、ジベリ!

2017年10月13日金曜日

ずるい奴らとお人好しじゃ敵うわけない。でも変われない



Twitterを見ている人は大凡何のことか分かると思うんですが、出勤前から37度の熱があるにも関わらず出勤した挙句、律儀に20時まで残業して帰るバカが居たんですよ~。




はい、やっちまいましたw 何かのドラマのセリフじゃないですがお人好しも度が過ぎると病気ですね、ハイ。しかも職場の人には体調のことは伝えず、薬も隠れて飲む始末...。そんなところで武士らしさや演技力を発揮する必要が果たしてあったのかは極めて謎ですがね...。

・ホットワインを作ってみるの巻

ともあれしんどいです、キツいです。ソーンナときにはホットワインがいいとうちの勉強会メンバーから聞いたもんで、見よう見まねで作ってみた次第であります。安いワインにリンゴとシナモンと砂糖と余ってたレモンジンジャーのカプセルを投入して弱火でグツグツ...

・飯食うぞ、めんどくせぇぞ♪

で、シチューとさばサンドとオムレツを作っていただきます、と。 まぁやることは沢山ありますが今は体調の回復が第一。今日はこんな感じで内側から温まってゆっくり寝ます。明日は休みなんで昼前くらいまで寝れますしねw ということで皆様おやすみなさい、ジベリってことで。

2017年10月8日日曜日

ブログ開設10年に当たって

・今日は三栖神社の炬火(たいまつ)祭に行ってきました

本日2017年10月8日で当ブログは10周年を迎えることとなりました。ほぼ思いつきで開設したこのブログがこうして10年もの間続けることができたのは偏に読者の皆さんのお陰であると思っています。本当にありがとうございます。これからもこのブログは僕のライフワークとして、そしてジャーナリストとしての主軸としてやっていきたいと思っていますので改めて1つよろしくお願いしたく思います。

・この景色だけはホントに変わらない(ベランダより。2007年9月の撮影)

それにしても考えてみればブログ開設当初は僕って大学1回生だったんですね。なんかそう考えるとホントに10年なんざあっという間に感じます。松山から上洛してきたのですらつい一昨日のことのように感じるときもありますからねw




仕事について言うと、ぶっちゃけ10年前の時点でジャーナリストをやっているという発想は殆どありませんでした。漠然とそれを視野に入れだしたのはもう1~2年後のことでしたし、こんな感じで裏社会と前面衝突するなんて思ってもいませんでした。



もし僕がそう言う陰謀めいた世界に引きずられることなく順当に過ごしていたら僕は本当に当時の夢だった俳優だかアーティストだかになっていたのかどうかは分かりませんが、世の中がこうである以上、どのみち僕は今やっていることと同じことをやってるんじゃないかということだけは何となく予想できます。性分ってやつは多分変わりませんからねw




ま、今の僕にできるのは今の道を突き進むことだけですね。どんなifルートの自分にも負けないくらいの自分になる。それがきっと僕の歩むべき道であると考えています。




ちなみに明日は仕事...ではあるのですが、その後またライブに行ってきます。我らがビートモーターズ、久々のワンマンライブです!3人体制になって初の「エコー」も聴けるんじゃないかと今からホントに楽しみでありんす。そんなところではありますが、これからも当ブログをよろしくお願いします。ジベリ!

2017年10月4日水曜日

【週刊コラム】一滴の朝露、映るセカイ【第41回】

ということで今日2つ目の記事は今月初の週刊コラムをやります。で、お題なんですけど本来書こうと思っていたものがぶっ飛ぶようなニュースが入ってきたのでそっちをやります。本来のものはお預けです、ハイ。ともあれまずはこちらをご覧下さい。




当初聞いていた話では「亀井さん本人は希望の党から比例で出馬して後継者を小選挙区に...」ということだったように思うのですが、どうやらそうではなく先生は政界を引退されるようです。些か寂しい気持ちもありますけどこればっかりは仕方がありませんね。ということで今回のコラムはこのテーマです。

・拝啓、亀井先生
僕が先生と慕ってきた亀井静香さんが政界を去るという。正直なことを言えば、今回の選挙戦を戦って貰いたかった。先生の力が必要だと僕は今でも思っている。




亀井静香という政治家(あるいは人間)は実に面白い。「ハトを守るタカ」を自称するとおり、その姿勢はかたやリベラルであり、かたや国粋主義者という不思議なスタンスの持ち主だ。昔ながらの義理人情を重んじる性格であり、少し怖そうに見えることもあるが一方でユーモアに富んでいて親しみやすい。この人が首相になっていたらどんなことをしたのだろう。そしてどのタイミングだったのだろう。時々僕はそんなことを考える。



「政治に無関心な人はいても政治に無関係な人はいない」、かつて先生はそんなことも言っていたという。大学院の修士時代、シティズンシップ教育(市民教育)の拡充を考えてきた僕はいつもこの言葉を念頭に置いていた。無関係だと思い込まされているだけで、自分には関係がないと思わされているだけで、結果として蚊帳の外に置かれている人々がこの国には多くいる。そんな現状をディストラクションするためにこそ僕はシティズンシップ教育の必要性を論文で主張したし、今もその思いは変わらない。




先生と僕のもう1つある。それはグローバル資本主義に異を唱え続けてきたことだ。世界をいわゆる「1%の富める者と99%の搾取される人々」の構図にしている新自由主義に抗ってきた政治家の1人が亀井先生だった。地方に根ざし、そして地元(広島)の人に愛されてきた人だからこその視点なのかもしれない。前に二階さんが地元であまり好かれていないという話をしたが、他方亀井さんについては地元で嫌われている話は殆ど聞かない。勿論人となりのこともあるのだろうが、こうしたスタンスも影響しているであろうことは想像に難くない。




嘆かわしいのは自民党の「変化」だろう。そもそもかつての自民党は地域に根ざした地方の声を聞く政党だった。金銭面では色々と汚い話もあったが一方で地域経済を守ってきたのも事実だろう。しかし今の自民党にはそういう性格がなくなってしまった。そして更に嘆かわしいのはその変化に気付いていない有権者が少なくないということだ。目を覚ましてほしい。今の自民党に田中角栄はいない。小沢一郎も亀井静香もいない。変わってしまったのだ。
------------------------------------



ま、でも亀井さんにはひとまず「お疲れ様でした」と伝えたいですね。そして、あとは我々若いもので受け継ぐ他はありません。

・希望の党の公認を辞退した篠原孝氏が激白「小池さんのクツは舐めない」
https://dot.asahi.com/dot/2017100400097.html

あと篠原孝さんですが、排除リストに名前が上がりながらも希望の党から公認を得はしたものの、「あんな踏み絵は踏めない」とばかりに結局無所属で戦う道を選んだようです。漢ですね、篠原さんはやっぱり。国民新党時代の同志である亀井亜紀子さんもまた出馬されるようですし、こうして篠原さんも戦っているのです。亀井イズムを継承する政治家は沢山居るのです。僕はまぁ政治家じゃないですが当面ジャーナリストとして亀井イズムの継承者になりますよ。そんなところでありますが、本日はこれにて失礼します。(というかまだ月見ができてないんだけどw)とりあえずジベリってことで。

熱いやつは燃え尽きるのも早い

・ノーモア選挙泥棒

Twitterを見ている方は知っていると思いますが僕は今日、久々に仕事を欠勤してます。もう体が動く気がしなかったのです。で、お昼過ぎくらいまで寝てたんですけど、そしたら体調も幾分か回復したので午後からはちょっと役所に行ったりと用事を2~3済ませ、あとは溜まっている事務作業を片している次第です。


まぁでも年は取りたくないもんですよ、ホントちょっと昨日張り切った結果がコレですからねw あと20日近くの間、どうやって戦闘態勢を維持しながら日々を過ごすか。ちょっと考えねばなりません。

・藤森駅近くの和菓子屋、京おもとにて

それはそうと今日は中秋の名月ですね。丁度外出した時に月見団子は買ってきたのでベランダから月が見える時間になったら頂こうと思います。

・10年前の中秋の名月の日、縁側にて

で、さっきPCのフォルダーを整理してて気付いたんですけど、どうやら僕は10年前も月見団子を食べてたようです。ホントこういうとこは変わりませんなw

・おぃぃぃ!仕事休んどいて何しとんねんw!!

ともあれ10年前同様にベランダからお月様を拝むまではもう少し時間が掛かりそうですし、とりあえずはムーランで買ってきたパンといがやで買ってきたコロッケでも肴に貰い物の黒ビールでも空けようかと思います。書きたいことは沢山ありますし、今日はもしかしたらもう1つくらい記事を上げるかもです。ともあれ僕は一旦これで失礼します、皆さんも月明かりをお楽しみ下さい^^

2017年10月3日火曜日

【週刊ニュース】馬脚とかけてエロ本と解く【選挙特番①】

その心は?どちらも隠したところですぐに見つかりますwおあとがよろしいようで。今日はこれにて失礼します...ってちょっと待たんかい!!はいサーセン、真面目にやります。シューマッハも脱帽するほどの速さでその馬脚を露してしまった希望の党(裏社会Bチーム筆頭)のこと。



緑のたぬきなどと揶揄されてはいますが、同じくたぬきと呼ばれた脱糞ニキ徳川家康の足元どころかお留守に定評のあるヤムチャの足元にすら及ばないほどの浅はかさ。いやはやそこに痺れることはありませんし憧れることもないのですが...。




ともあれ何かと蕎麦に縁のある人たちですね。まぁ決して傍にはいてほしくない面々でございますけれどもw ときに二階さんも何がしたいんでしょうね。と言うのも派閥は拡大するもののその足元は磐石とは言い難いんですよね、この人。


エポックとなったのは去年5月の御坊市長選。二階さんはお膝元とも言うべきその町で自らの長男・俊樹氏を擁立するものの落選。どうやらこのバカ息子というのが評判最悪だったのが負けの一因のようですが、それでもかの客寄せパンダ、コロンビア45号小泉進次郎を導入しても...の敗北ですからね。

・あー、そろそろまたこれ作んなきゃ

そういや昔、和歌山の知り合いが居たんですけど二階さんのことを聞いたら「大嫌い。顔も見たくない。」なんて言ってましたっけか。こういうボスタイプの政治家って地元では人気者ってことも多いんですけど二階さんはそうではないようですね。


落選危機と言えばこちらのおっさんも忘れちゃいけません。「ヘタをすればヘタをする」と僕は前にも言いましたけど強ち与太話でもないのですよ。内閣支持率は絶賛ダウン中と聞きますし、更にはコーンナ結果まで出てるワケですからね。現職閣僚の落選は前回参院選でもありましたが、今回は首相自らが落選という喜劇を見せてくれるかもしれません。こりゃ開票日はハンカチ必携ですね。勿論笑いすぎて涙が出たとき用にw



自民の崩落を示す事例は他にもあります。たとえば日刊ゲンダイは70人落選を書き立てていますし、その他の週刊誌などでも大量落選を予見する言説が散見。「勝てる・・・勝てるんだ!」からのあぼーんは某コピペでお馴染みですが今回の選挙で自民党がそれを体現してくれるかもしれませんよ。


極めつけは上述の武蔵野市長選。自民推薦の候補者を野党統一候補(民進、共産、自由、社民、ネット支持)が破るという展開に。また山梨市長選では民進と社民の推薦候補が自民候補を破って当選しています。地方選で勝てない自民というのはこれまでも顕著でしたが、ここにきてそれがまた再燃してくるというのは何か‘風’のようなものを感じますね。


まぁ今心配なのは肝心の野党の受け皿が見当たらないところですかね。このままだと勝者なき戦いになってしまいかねません。森ゆうこさんのブログによると小沢さんは前原さんと小池さんとの会合にも不参加だったようですし...。


放逐された民進系の議員をよそにどうやら自由党出身のお3方は公認を受けるようですしそもそも小池さんの言うリベラルが何を指しているのかはよく分からないのですが、1つ確実なのは「何かがおかしい」ということでしょう。ちなみにこれが第一弾として公表された公認リストなんですけど、読み解いてみると結構小沢さんと近しい議員さん(例:小宮山泰子さん、たがや亮さんなど)が多く公認されていますし、僕が度々Twitterで評価してきた篠原孝さんもリストに含まれています。

・希望の党・若狭勝氏ら第1次公認/候補者一覧(日刊スポーツ)
https://www.nikkansports.com/general/news/201710020000783.html

特に篠原さんなんて排除リストにそもそもは名前があった人なんですよね。一体どういう力学が働いてこういう形に収まったのか?まだまだ分析が必要そうです。政治の世界は複雑怪奇なんて言いますけど、ここ数日のそれはまさに複雑怪奇という他はありません。


まぁわあわあ言うとりますけど肝心なのはシラけないことです。「うわー超ダリぃ、マジダルビッシュ」(死語)とか言って棄権してしまうことのないように。メンドくさいですけど民主主義ってそういうもんなんですよ。だけどこの手間(面倒)を引くとそこにはどくさい(独裁)が残るのでしてね。(←何!?今日は上手いこと言いたい日なのw?)




僕だってこんなウザったい作業やめて今週末のライブサーキットのことだけ考えてたいですよ。漫画とアニメと旨い酒の話だけしててもいいんですよ。何故か広島に勝てない阪神のことをボヤき続けても構わんのですよ。でもそれじゃあいかんのです。声を上げないとどんどんダメになっていく。言うと責任が生じる。だけどジャーナリストは言わなきゃいけないんです。



いや、ジャーナリストじゃなくてもホントは言わんといかんのです。行動せんといかんのですよ。僕らジャーナリストはその雛形となるものを示せるだけで、実際のところそれ以上でもそれ以下でもないのですから。ですからこれを読んでいる読者の皆さんに最終的には委ねることとなるのです。「これこれこういうことなんだけどあなたはどうする?」って。正直しんどい仕事ですけど、だけどその分楽しい仕事です。そんなこんなですが、僕はまた明日も‘仕事’がありますので本日のところはこれにて失礼致します。ジベリ!

2017年10月1日日曜日

日本酒で完勝!!

・今回の古本市は屋内開催

・丸太町で見つけたフリアンディーズっていうパン屋

・本日10月1日は日本酒の日でもある

今日はお昼過ぎまで仕事で、その後は古書会館で開催されていた京都まちなか古本市というのに行ってきました。で、その後も銭湯に行ったり日本酒イベントに参加したりと今日は盛り沢山な1日になりました。

・そういや時代祭、モロ選挙と被っちゃったなw

仕事が終わったのが15時で、そこから地下鉄に乗って丸太町駅まで。お昼を食べてなくて空腹が限界に達していたので、冒頭写真のフリアンディーズというパン屋さんで惣菜パンを1つ買い、そこから歩くこと数分、上の写真にある古書会館に到着。




夏と秋の古本市は屋外での開催ですが、屋内で開催されるまちなか古本市に行くのは初めてのこと。(あ、ちなみに春の古本市はみやこめっせで開催されている模様...)まぁフロアの1階部分を開放してやってるだけの小ぢんまりしたイベントではありましたけど、これはこれでいいですね。




僕も調べてみて初めて知ったことなんですけど、今回のイベントは古書研究会の主催ではなかったんですって。参加してる古本屋がバッティングしてたので同じ系列だと思っていたのですが古本イベントにも色々あるんですね。ちなみにその古書研究会主催の秋の古本市は来月の開催。場所は毎度お馴染みの知恩寺。またコーヒー屋も来るのですかね?何にせよ今から楽しみで仕方ありません。

・今日はここでひとっ風呂浴びてきます

本を2冊ほど購入して僕は退散。次なる目的地を目指して再度地下鉄に乗り込み、次は北大路まで向かいます。この近くに気になっていた銭湯があったのです。それが写真の鴨川湯というところ。




番台さんは比較的若そうな方で、こんな感じでTwitterなんかも結構頻繁に投稿しています。あと写真でも分かるように全体的になんか正方形ですw サウナに入ると聴こえてくるのは昭和歌謡。昨今はテレビが主流ですけど個人的にはサウナではテレビよりも音楽を聞きたい派なのでそういう意味でも評価は高め。(ちなみにサウナ温度自体もちと高めです。参考までにw)

・北大路橋からの眺め(すっかり日が短くなってきた...)

銭湯を出たあと、北大路駅まで夕涼みしながら引き返します。夕涼みとは言いましたけど、ボチボチ湯冷めを気にしなきゃいけない季節に差し掛かりつつありますね。日が短くなって肌寒くなってきて、ナ~ンカ寂しい気持ちになるのは僕だけですかね。気が付けば今年もあと3ヶ月、もう年の瀬が迫りつつあるのですね・・・

・今年もやります、京都伏見SAKEZO'S BAR!

再度地下鉄に乗り込むと僕は烏丸まで引き返します。ココン烏丸で開催されるイベントに参加するためです。毎年恒例の京都伏見SAKEZO'S BAR。今年は先月の29日から開催されているのですが、その一環として行われたのが本日の「全国一斉 日本酒で乾杯!」イベントなのであります。




本日10月1日は日本酒の日であり、また京都市は2013年に「日本酒で乾杯条例」なるものを施行しているのですね。おそらくそういうこともあってのこのイベントだったのだと思うのですが、なんかこういうイベントっていいですよね。

・何気に稲垣さんって初めて見たなw

あ、そうそう。先述のツイートにもあるようにこのイベントにはタレントの稲垣早希さんの姿もありましたよ。あまり日本酒のイメージは無いのですけどそもそも僕はあまりテレビを観ない人なんでね。そりゃ吉田類さんの方が個人的にはテンション上がりますけど

・今年は日本酒の物販ブースも出来たのだそうな...

ちなみに同イベントは来々月の10日まで開催されます。火曜と木曜にはまた蔵元デーの開催もあるようなので詳しくはこちらのページなんかを見て頂けるといいんじゃないかと思います。




そのままSAKEZO'S BARで日本酒を飲んで帰るのもいいなとは思ったのですが、あまりに人が多かったのと、ちょっと座りたい気分だったのとで今回は断念。あ、ちなみにタイトルですけどなんで乾杯じゃなくて完勝なのかといえば験担ぎのためです。



だって選挙戦の真っ只中ですよ。乾杯だと完敗みたいじゃないですか。まぁこういう前振りをしておきながら「乾杯!」と言ってその後ホントに選挙でズタボロフェアになっちゃった誰かさんも居ましたが、まぁお笑いとしてはこれある意味完璧ですよねw

・今日の収穫物を肴に呑む

ま、それはさておき僕はまたHUBに向かったのであります。なんかもうパターンですね、これは。買ってきた古本を読みながら小一時間ほどお酒を楽しんで退散。こうして日曜が終わっていくのでありました。

・ピンクリボンの日仕様の京都タワー

その帰路、郵便局に用事を思い出して京都駅で下車。ふと京都タワーを見上げるとピンク色になってるではありませんか。これはピンクリボン活動(乳がん検診の受診による乳がんの早期発見・早期治療の啓発を目的としたもの)のPRのためなんですってね。ちなみにこの色の京都タワーが見られるのは毎年この期間のみ。今年は明日までの開催とのことですから京都に来られる方は是非ともいつもと違う京都タワーを見て帰って下さい。

・今年もこの日がやってきました^^

で、10月1日と言えばもう1つ忘れちゃいけないのが天下一品であります。10月1日は天一の日。ラーメンを食べると一杯につき一枚の無料券がもらえるという太っ腹なイベントは今年も大盛況。中には数店舗を食べ歩く猛者もあるようですが、僕は今年も1杯のみ。ちなみに竹田店はお惣菜バイキングのコーナーがあるので個人的にやはりイチオシだったりします。まぁ無料券も貰ったのでまた近いうちに次は彼女と一緒に行こうかなと思ってみたり...。




ともあれ僕もしばらくは選挙モードですよ。戦場にまた赴くこととしましょう。丁度今月はブログ開設10周年の記念すべき月でもありますし、いつも以上に更新頑張っちゃうんで読んであげてください。それでは皆さん今月も楽しみましょう、ジベリ!